あいのすけ

あいのすけ

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

あいのすけ

あいのすけ

レビなどで株やFXで失敗し
多額の借金を背負って苦労している人見ると


なんだか、
「仮想通貨で借金背負うんじゃないのか」


なんて
思ってしまいますよね。

借金背負う可能性があるから
なかなか始められないと思っていませんか?


そこで今回は

仮想通貨が暴落した場合
借金を背負う可能性はあるのか
?と


ならない為の対策について
お話したいと思います。


今回の話を知っておかないと
途方もない借金を背負うことになるので


ぜひ最後まで読んでいってください。



■暴落したら借金を背負うってホント?
qrg8iutg.jpg


借金を背負うことや資金が
マイナスになるという可能性はありません。



なかには、借金を背負う投資法もあるので


自分でそれを選択しない限りは
背負う可能性はありません。



買った時よりも価値が下がれば
その分マイナスにはなりますが


原資よりも低くなるという事は
まず普通に「取引所」や「販売所」で


購入していればありません。


では借金をしてしまうケースとは
どんな時なのかお話したいと思います。




■仮想通貨で借金をしてしまうケースとは?

借金をしてしまうケースは以下の2つです。


逆に言えばこれを選択しなければ
借金になる事はありません。

・ビットコインFXでレバレッジ取引をし大きな損失を出す
・原資を作るため借金をし投資に失敗をする。





■ビットコインFXでレバレッジ取引をする。
2111767321001_5133460724001_5130857657001-vs.jpg


仮想通貨取引には2種類あり、
「現物取引」「レバレッジ取引」があります。



「現物取引」は自分の資産内で
ビットコインを購入し取引します。



たとえば、1万円の取引であれば、
最大で1万円分のビットコインしか買えません。


逆に「レバレッジ取引」は
自分の資金を超えてビットコインを購入できます。


資金が1万円しかなくても
20万円分のビットコインを保有できるのです。


足りない19万円については、仮想通貨取引所から
一時的に借りる形になります。


レバレッジとは日本語で「てこの原理」のことです。


いわば、自分の資金を担保にして
多く借りる事です。

画像でいうとこんな感じです。
download.png


そしてレバレッジをかけて


ビットコインを取引することを
「ビットコインFX」と呼び


少ない資金でも大きな利益を
狙える取引方法になります。




1万円程度なら、すぐ補充できますが
これが、100万円、1000万円となるとどうでしょうか?


これが多額の借金を背負う1つの理由です。


大きく利益も狙えますが
リスクも大きいということを


覚えておきましょう。




■原資を作るため借金をし投資に失敗をする。
survey23.jpg


これは読んで字のごとく


消費者金融などから借金をして、投資し
結果返せなくなってしまう事ですね。


仮想通貨の市場は
非常に値動きが激しいです。


まさかここまで落ちるとは・・・。と


大暴落することが
かなりの頻度であります。


借金をして取引するのだけはやめましょう。




■ほとんどの人が現物取引で利益をあげている

eye-1.jpg

仮想通貨をしている人のほとんどは
現物取引で利益をあげています。



またビットコインFXなどは

トレードのテクニックも必要で
素人が勝てるものではありません。



まずは

10万円などの
小額からスタートして
どんな感じなのか雰囲気をつかむといいです。




■まとめ

いかがでしたでしょうか?
借金を背負う取引を選ばなければ大丈夫と


思って頂けましたでしょうか?


投資で原資がマイナスになったり
借金を背負う事はないので


まずは思い切って始めてみるといいです
最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーサイト
Posted by

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。